-生活習慣病

2009年10月アーカイブ

生活習慣病の原因についてですが、生活習慣病というのは原因が色々とあります。これが生活習慣病の原因だと断定できるわけではなくて毎日の生活の中に原因がたくさん潜んでいるのです。

生活習慣病の原因にはたとえばどんなものがあるのかというと、食生活が偏っているとか、運動不足になっている、煙草を吸っている、ストレスがたまっているということが生活習慣病の原因になっています。

毎日の生活の習慣が生活習慣病を発症させたり症状の悪化に影響を与えているといわれています。生活習慣病の原因として高血圧や高脂血症、糖尿病や肥満というのは死の四重奏ともいわれているくらい生活習慣病の原因になっているともいわれていますから注意する必要があります。

生活習慣病の原因をそのままにしておくとどうなるのかというと、生活習慣病の原因は自覚症状がないものが多いですからそのまま体の中で進行していって毎日生活していくうちに大きな病気へと発展してしまいます。

たとえば心筋梗塞や狭心症、脳梗塞や突然死なども生活習慣病の原因を放っておいたために悪化して発症したということが多いようです。生活習慣病の原因であることはできるだけ排除するような生活に変えていきましょう。

 

 育児の悩み  発毛  夜泣き

生活習慣病というのは気がつかないうちに進行していることが多く、普段大丈夫だと思っていて放っておくとあとから生活習慣病として大変なことになりかねませんから生活習慣病のチェックをしておくといいと思います。

まず生活習慣病の生活チェックとして、食べ物は好き嫌いが多くて食事が偏っているということはありませんか?また蔵物や野菜もしっかりと食べているでしょうか。揚げ物ばかりを食べていたり甘いものが好きではありませんか?いつも食事は腹八分目ではなくてお腹いっぱいになるまで食べていませんか?

そして食事の時間は毎日決まっているでしょうか。不規則で夜遅くに食べてばかりということはありませんか?

生活習慣病になりやすい人はこれらの項目が当てはまるといわれていますから生活習慣病にならないためにも、食事の好き嫌いをなくして食事は満遍なく何でも食べて野菜や果物も食べましょう。

また揚げ物や甘いものは少なめにして腹八分目も生活習慣病で大切なことです。外食もできるだけ少なくして、もしもが委嘱した際もバランスを考えて食べるのが大切なことです。生活習慣病の人は濃い目の味付けも好きなのですができるだけ薄味にして生活習慣病にならないように心がけましょう。

 

 ダイエットウォーキング運動の効果  アロマテラピー

生活習慣病の予防検診についてですが、生活習慣病にかかる人が増えてきたために、今厚生労働省は生活習慣病の予防検診を行うことを積極的にアピールしています。

生活習慣病の予防検診では血圧が正常であるか、糖尿病になっていないか、コレステロールの値は正常であるかなどを知ることができます。

生活習慣病というのは、なかなか自分では発見することが難しいといわれています。早期発見を目的として厚生労働省は生活習慣病の予防検診に乗り出したわけですが、生活習慣病の予防検診を受けることになってから早い段階で生活習慣病を見つけることができりようになりました。脳卒中や脳梗塞、動脈硬化で危険な状態になってから気がつくという人が減ったのは事実です。

生活習慣病で高血圧やコレステロールの値が高いことがわかれば、それからの生活を見直せばまだまだ生活習慣病予防には間に合います。知らないで放っておけば高血圧が脳梗塞などを引き起こしますし、コレステロールが高ければ動脈硬化などにもつながり危険です。

生活習慣病の予防検診を会社で受けることができるという人は必ず受けるようにすることをお勧めしますが、もしも会社では普通の健康診断歯科実施していないという場合でも、自分で予防検診を受けて生活習慣病を予防することをおすすめします。

 

 友紀奈のちりも積もれば  モノコムサのランチボックス  年末年始短期アルバイト
カテゴリー
更新履歴
生活習慣病の原因(2009年10月20日)
生活習慣病の食生活チェック(2009年10月20日)
生活習慣病の予防検診(2009年10月20日)
カテゴリー
更新履歴
生活習慣病の原因(2009年10月20日)
生活習慣病の食生活チェック(2009年10月20日)
生活習慣病の予防検診(2009年10月20日)